「貯蓄になる家」~資産価値の高いマイホーム

 

住宅ローンを単なる支出と考えてませんか?

いえいえ、単なる支出ではありません。貯金になるケースがあるんです!

マイホームは一生に一度の買い物。一所懸命に働いて住宅ローンを完済したけど、その時にはマイホームはボロボロ、売っても二束三文に。

しかもこれから訪れる人口減と家余りの時代では二束三文でも誰にも買ってもらえないかも知れません。

もしも買ったときと同じ値段でマイホームが売れるとしたらどうですか。マイホームを売ったら、それまでに返済した分の住宅ローンが手元に戻るわけです。その場合住宅ローンは「資産の積み立て」と言えます。これはバブル期のような夢物語ではありません。現実的に選択可能な資産防衛術です。


「貯蓄になる家」を買いましょう

4,000万円で新築マイホームを購入して10年後に売却すると仮定しましょう。

住宅ローンの返済は月々約12万円。10年間で払った利息は約530万円、10年後の住宅ローン残高は約3,060万円になります。(金利1.35%35年固定で想定)

売却価格が2,500万円としたら、失った資産は約2,030万円(売却損1,500+利息530)です。これだと月々約16.9万円で住んでいたことと同じで、ローン返済額と比較しても大赤字。しかもそれだけでなく560万円もの住宅ローン残債(返済しきれない借金)が圧し掛かる。これが「消費する家」

この同じ中古マンションを2,500万円で購入。500万円でをリフォームして10年住んだ後に2,400万円で売却できたら、失った資産は約500万円(売却損100+利息400)です。振り返って住んでいた年月で数え直してみると月々約4.2万円で住んでいたことと同じで、それまで毎月支払ってきたローン返済額よりも安いです。

その時の住宅ローン残高は約2,250万円ですので結果として住宅ローンを完済しても150万円の現金が手元に残ります。つまりマイホームを買ったのに10年間で150万円貯金したことになります。

月々のローン返済が払いっぱなしの「払い捨て」にならない。

これが「貯蓄になる家」です。

購入した時と売却する時の価格差が大きくならない家です。

「消費する家」は新築購入の典型例「貯蓄になる家」は中古購入の典型例です。

消費する家は、売却したあとに住宅ローン残債(借金)が残る影響で住み替えが困難であるのに対して、貯金になる家は残債がないので住み替えし易いです。突発的な事情が発生してライフスタイルが変わっても住宅ローン残高がネックで「売るに売れない」マイホームに縛られません。

不動産会社ではよく「新築と中古どちらがいいですか?」という質問をします。答えは簡単です。

誰しもお金があるなら新築に住みたいものです。

「消費する家と貯蓄になる家どちらがいいですか?」と問われればいかがでしょう。

これも答えは明確です。誰もが「貯蓄になる家がいい」と答えるでしょう。

 

< ねらい目は築15年あたり!!>

新築は購入金額の10%~20%を購入時に瞬間的に毀損します。その毀損する金額は分譲会社の「利益+販売経費」です。マンションは築15年、戸建ては築20年にかけて物凄い勢いで資産価値を減らしてしまう、実に贅沢な買い方です。

住宅の資産価値はこの年数で底を打ち、以降は、ならだかに推移することもわかっています。

中古住宅は、ほぼ個人が売主です。なので分譲会社が新築住宅に乗せる「利益+販売経費」は加算されていません。

しかし残念ながら現在の住宅/不動産業界は業界の儲けの構造から脱却できずに「新築信仰」を前面に押し出して「消費する」買い方に消費者(みなさん)を誘導しています。

それに乗せられずにマイホームの取得予算を抑えて、資産と家計の防衛として中古住宅の検討は有効な手段です。

L-SHIPではリニュアル仲介という仕組みを使って稲田堤~登戸~久地/稲城/調布/狛江に囲まれた多摩川沿い、多摩丘陵の緑のそば、そして海のそばなど、自然を感じられる街に、「貯蓄になる家」を実現します。

 

次の例をご覧頂けば、「貯蓄になる家」に、より理解が深まると思います。



                  

                 NEXT➡







  • はてなブックマークに追加